APPLE loves BLUE アップルラブズブルー

日本
お気に入りブランド 1
青森市に、子供達から慕われる人気の英語教室があります。この英語教師の小山先生が「青いジャム」の産みの親。ある日、小山先生が、知人から、タイのアンチャンというお茶をもらいお湯を注いだところ、ティーカップに広がったロイヤルブルーの美しさに魅了され、直感的に「この美しい青で、がんばっている女性を癒したい」と考えました。 最初は「青色は一般的に食欲減退で、食品に青はNGだ」という見方がほとんどでしたが、小山先生は初めてお湯を注いだ時の感動を信じて、青森の食品づくりの技能集団「青森県産業技術センター農産物加工研究所」に通い続け、試作を重ね、りんごのジャムでありながらようやく美しい青を抽出することに成功し透き通る宝石のような「青いジャム」が生まれました。

APPLE loves BLUE アップルラブズブルー 0件中1-0

  • リスト
  • グリッド
/ 1
close