オーガニックサプリは何が違う?

「足りない栄養はサプリで補充する」そんな考え方も今では常識になりました。 一日に必要な栄養量すべてを食べ物から摂るのは現実的に難しいですから、サプリは強い味方ですよね。 食べ物やコスメ、日用品と同様、海外ではサプリもオーガニック認定を受けているものやオーガニック原料を使用しているものが人気です。今回は海外のオーガニックサプリ事情と、おすすめのオーガニックサプリブランドについてご紹介します。

サプリってどうやって作られる?

サプリは製造方法は原料や栄養素の違いによって、大きく6つに分けられるようです。

1. 自然由来(Natural Source)
動植物、鉱物などを原料としたものですが、商品として販売されるまでに数多くの化学処理が行われます。更に注意が必要なのは、全原料中10%自然由来成分が含まれていれば、「ナチュラル」と宣伝できること。残りの90%はケミカル成分でもいいのです。

2. ネイチャーアイデンティカル化合物(Nature-identical synthetic)
"ネイチャーアイデンティカル(Nature-identical)”とは、その化合物が天然にも存在するもの。このカテゴリーに入るサプリは研究所の中で化学的に合成されます。現在市場にあるサプリのほとんどがこのタイプのものです。

3. 完全化合物 (Strictly synthetic)
このカテゴリに入るのは研究所の中で、1から化学的に合成され、自然界に存在する栄養素とは違った構成を持つものです。化合ビタミンは天然ものと同じ化学成分ではありますが、その形状(光学活性)が違います。これは非常に重要なポイントで、なぜなら人体に存在するいくつかの酵素は、特定の形状の分子を持つビタミンでないと正しく働くことができないものもあるからです。

このカテゴリで有名なのは、マルチビタミン錠「セントラム(Centrum)」。ちなみにビタミンB1は原料としてコールタールが使用されています。

4. 発酵食品(Food cultured)
発酵食品ベースのサプリは、ヨーグルトや味噌などの発酵食品と同じように作られますが、それだけでは善玉菌の数など有効性が弱いため、化合物が加えられている場合もあります。

5. 食物原料(Food based)
食物原料のサプリは人工化合物と植物プロテイン抽出液を含む天然ビタミンの酵素反応を利用して作られます。

6. 細菌発酵(bacterial fermentation)
遺伝子操作をした細菌は栄養のある副産物を生成することがあるます。コエンザイムQ10やアミノ酸、ビタミンD2、ビタミンK2、リボフラビン、ビタミンB12などがこのカテゴリに入ります。

「オーガニック」の規定は?

アメリカのオーガニック認定はUSDA(米国農務省)に属する、NOP(National Organic Program)という団体が担当しています。そして食品やコスメ、日用品に関わらず「オーガニック」と商品に表示するためには、厳しく定められた項目をクリアしなくてはなりません。サプリもオーガニック認定を取得するためには、当然その基準をクリアする必要があるのです。

【全原料におけるオーガニック原料の割合と表示できる文言】
"100% Organic"(オーガニック原料100%使用)
"Organic" (オーガニック原料95%以上使用)
"Made with Organic ingredients" (少なくとも70%オーガニック原料を使用)

この3つのうち、"USDA Organic"のマークを商品に使用できるのは"100%Organic"と"Organic"のみ。"Made with Organic Ingredients"の商品に使用することは許可されていません。

またオーガニック原料が全体の70%以下の場合、原料リストの原料名に(*オーガニック)と記載することができます。

http://www.macalester.edu/academics/

現実には結構難しい

ビタミンCやビタミンB群などの単一栄養素、そしてウーマンズマルチなどの症状別のサプリなど、一般的なケミカルサプリと同様のラインナップを揃え、それらすべてが「オーガニック」認定を取得しているメーカーは、それ程多くはありません。

マカやスピルリナ、ベリー系やハーブ系サプリ「以外」のビタミンや対症状サプリで、オーガニック認証を取得するのはかなり難しいと言えるようです。

技術的なハードルももちろんありますが、高価なオーガニック原料を使用して、オーガニック認証を申請・取得すると当然商品単価が上がるため、ビジネス的に手を出せないということも大きいのではないでしょうか。

オーガニックサプリを選ぶ理由1:厳しい審査をクリアしていること

オーガニック原料のサプリ、化学的に合成されたサプリ。
どちらが体への吸収率が高いかが気になる点ではありますが、実はまだ完全なエビデンスは発表されていません。

ただ、人体は吸収できない物質は排出するようにできています。そのため石油由来成分を使用したサプリなどを摂った場合、体は排出しようとします。その際に胃痛や胃もたれを起こすことも珍しくはないようです。

サプリの価格は原料費をある程度反映していると言えるでしょう。例えばビタミンCサプリにも天然ものと人工合成ものがあります。安価なものは遺伝子組み換えとうもろこしの糖から人工的に合成されたL-アスコルビン酸、高価な天然ものはアセロラなどから抽出したものが使用されている……と言った具合です。

また、アメリカでは原料の10%が自然由来であれば「ナチュラル」と表示できることを忘れてはいけません。
その点オーガニック認証は厳しい基準と審査をクリアしなければ取得できないので、安心して摂ることができるでしょう。

オーガニックサプリを選ぶ理由2:社会貢献・環境保全

また、自分の体だけではありません。オーガニックサプリ、オーガニック原料使用のサプリを選ぶことは、社会貢献にもつながります。オーガニック、オーガニック原料使用のメーカーは、サスティナビリティ(持続可能であること)や環境保護に力を入れているケースが多くあります。そのブランドを購入して支援することで、間接的に活動に参加することができるのです。

「自分が払ったお金は何につながるのか」を考えるのも、大事ですよね。

オーガニック/オーガニック原料使用サプリのおすすめメーカーは?

「全商品オーガニック認定済み」、「オーガニック認証ラインがある」「原料の70%以上がオーガニック原料使用」というサプリブランドをご紹介します。

おすすめ1:ガーデンオブライフ(Garden of Life)

女性のためのマルチビタミンサプリメント。野菜や果物に含まれる25,000種類もの様々な栄養素や微生物発酵を配合しています。
女性のためのマルチビタミンサプリメント。野菜や果物に含まれる25,000種類もの様々な栄養素や微生物発酵を配合しています。

”mykind Organics” Women's Multivitamin - 120錠 ¥7,776

アメリカでオーガニック サプリメント ブランドとして有名な、ガーデンオブライフ(Garden of life)。原料となる野菜や果物を一部分だけ取り入れるのではなく、丸ごと(ホールフーズ)使用し、製品開発をしています。USDAオーガニック認証の原料をできる限り採用し生産者を支援、また風力発電の利用など、社会貢献にも力を入れています。製品としてもUSDAオーガニック認証を取得しており、オーガニック認証成分95%以上を使用しています。

各種サプリメントはもちろん、「ロープロテイン」も人気です。

ガーデンオブライフ(Garden of life)製品一覧

おすすめ2:レインボーライト(Rainbow Light)

妊娠から授乳中のママをサポートするマルチビタミンサプリメント。エナジーチャージにも。
妊娠から授乳中のママをサポートするマルチビタミンサプリメント。エナジーチャージにも。

Prenatal One™ Multivitamin 150錠 ¥6,912

人気のRainbow LIghtには、USDAの認定を受けている国際オーガニック認定機関"QAI (Quality Assurance International")のオーガニック認定を受けた”The Certified Line”があります。

その他にも商品によって「オーガニック原料70%以上を含む」など表示がある商品もあるので要チェックです。

レインボーライト(Rainbow Light)製品一覧

おすすめのナチュラルサプリメーカーは?

オーガニック認証を取得していなくても、ナチュラルな原料にこだわっていたり、環境保全に力を入れているメーカーはたくさんあります。「オーガニック認証を取得している」となると数に限りがありますが、ナチュラル原料、社会貢献に注目すると、ぐっと選択肢が広がります。

おすすめ1:ホランド&バレット(Holland & Barrett)

美しい肌、髪のためのコラーゲンサプリメント。加水分解された低分子量のコラーゲンは、一般的な成分よりも吸収が早く働きも活発な為に、吸収時にも臓器に負担をかけにくいといわれています。
美しい肌、髪のためのコラーゲンサプリメント。加水分解された低分子量のコラーゲンは、一般的な成分よりも吸収が早く働きも活発な為に、吸収時にも臓器に負担をかけにくいといわれています。

加水分解コラーゲンカプセル(Holland & Barrett Hydrolysed Collagen Caplets 1000mg 180 Caplets)¥5,300

ホランド&バレット(Holland & Barrett)は、1870年設立、英国の歴史ある健康食品・サプリメントブランド。信頼のおけるメーカーとして、長年愛されています。

ホランド&バレットは、2007年からプラン イット グリーンというプロジェクトをスタートし、環境保護のための活動に力を入れています。政府が働きかける6年も前からプラスチックのレジ袋を廃止。2009年からは防腐剤のパラベンや界面活性剤の一種、ラウリル硫酸ナトリウムなどの化学物質を含む製品販売を禁止するなど、常に一歩先の活動を行っています。

製品はサプリメントだけでなく、スーパーフードやナチュラル食品など、多岐にわたります。

ホランド&バレット製品一覧

おすすめ2:ハム(HUM)

「レッドカーペット」というユニークな名前のこのサプリは、肌と髪をケアしたい方に。HUMの中でも特に人気のアイテム。
「レッドカーペット」というユニークな名前のこのサプリは、肌と髪をケアしたい方に。HUMの中でも特に人気のアイテム。

<肌と髪のケアに>ハム レッドカーペットサプリメント×2(HUM RED CARPET)¥12,000

100%ナチュラル、グルテンフリー、そして栄養士が推奨している新しいサプリメントブランド、ハム(HUM)。
目的に応じたラインナップなので選びやすく、そして何よりも、その独自の成分ブレンドにより「効果が感じられる」というのが人気の秘密です。

また、HUMはビジネス面でも評価されているのも特徴。「マーケティングではなく、良質な原料や栄養士との研究に時間と資金をかけている」という点が評価され、世界有数の経済メディアForbesにて、2017年最も革新的なブランドの1つと選定されました。

ハム(HUM)製品一覧

おすすめ3:スイス(Swisse)

ハーブの力で肝臓機能をサポート。消化不良、膨満感の緩和に。
ハーブの力で肝臓機能をサポート。消化不良、膨満感の緩和に。

アルティブースト リバーデトックス 60錠 ¥4,300

オーストラリアを代表する女優、二コール・キッドマンが広告塔にもなっていることで知られるスイス(Swisse)。オーストラリアでは知名度・信頼度が高く、マルチビタミンメーカーNO.1として、長年国民のウェルネス維持に貢献してきました。製品の中にはオーストラリア代表オリンピックチーム「認定サプリメント」として、選手の健康維持をサポートする商品もあります。

また環境保全に力を入れており、カーボン・ニュートラル組織(活動時に排出される二酸化炭素と、吸収される二酸化炭素が同じ量である)として認定を受けています。

スイス(Swisse)製品一覧

サプリも食べ物と同様、健康なからだを作るために摂り入れるもの。
できる限りからだに優しいものを選びたいですね。

フリーランスライター、美容ブロガー

この記事の関連商品

”mykind Organics” Women'

120錠
¥ 7,776
Garden of Life
カートに追加

Prenatal One™ Multivitam

150錠
¥ 6,912
Rainbow Light
カートに追加

Holland & Barrett Hydrol

180カプセル
¥ 5,300送料無料
Holland & Barrett
カートに追加

<肌と髪のケアに>ハム レッドカーペットサプリメ

60カプセル×2
¥ 12,000送料無料
HUM
カートに追加

この記事の関連ブランド

この記事の関連タグ

この記事の関連商品

この記事の関連ブランド

この記事の関連タグ

新着記事

ランキング

カテゴリ別 新着記事