もうナプキンは要らない?NY生まれの生理用ショーツTHINX(シンクス)

世の多くの女性が、毎月の生理のためにナプキンやタンポンを購入し、使用していることでしょう。消耗品を購入し続ける煩わしさ、つきまとう漏れの心配、下着のラインが出ない工夫…でももし、ナプキンもタンポンも使わなくていいとしたら? 今、アメリカで人気を博しているのが「ナプキンが要らない」として話題の生理用ショーツ、THINX(シンクス)です。なぜナプキンが要らないの?本当に、ナプキンなしでも大丈夫?実際に使ってみた感想とあわせて、THINX(シンクス)について詳しくご紹介します。

ナプキン不要の生理用ショーツ、THINX(シンクス)のブランドストーリー

シンクスの創業は2011年。インド人と日本人のハーフ、ミキ・アグラワル(Maki Agrawal)が、女性に本来備わっている「月経」がなぜタブー視されているのか?ということに疑問を持っていたことがきっかけでした。

聖書にですら「月経中は穢れた期間である」といった記述があるなど、生理に対するネガティブなイメージには深く長い歴史があります。現代の日本では(少なくとも表向きは)ギャップなく生活をすることができていますが、インドやアフリカでは今でも多くの少女が毎月の生理によって学校に行くことができません。

自分の月経と、もっとポジティブに向き合うためには?
生理中でも、いつもと変わらず快適に過ごせるようにするには?
インド、アフリカの少女たち。女性に生まれたことをハンディキャップにしないためには?

そうした疑問・問題を解決すべく、3年以上もかけて開発したのがシンクスのショーツです。1960年に男性によってタンポンが開発されてから、21世紀にもなってほとんど進化していなかった生理用品界に、新たなプロダクトが誕生しました。

2015年秋、センセーショナルな広告クリエイティブで一躍有名に

シンクスが一躍有名になったのは、2015年にニューヨークの地下鉄で展開された広告でした。女性器を彷彿とさせるような、ピンクグレープフルーツの断面。生理を想起させる、生卵がたれ落ちる様子。大きく配置された、「Underwear For Women with Periods(生理がある女性のための下着)」というテキスト。ここまで「生理」を真っ直ぐに表現した広告はありませんでした。

そのあまりの真っ直ぐさに、ニューヨーク州都市交通局は当初「不適切である」と広告掲載を拒否。しかしミキ・アグラワルはこれを逆にスキャンダルとしてマスメディアに報告しました。「生理」というワードが隠されなければならないのは差別である、という考えからでした。結果、それを取り扱った記事により、シンクスの広告クリエイティブはネット上で話題となったのです。

もちろんその後、地下鉄では広告掲載がなされ、ブランド認知度の向上に貢献しました。この広告は広告代理店ではなく、社内の若手クリエイティブチームが企画・作成したと聞きます。広告慣れしていないからこその固定概念を覆したクリエイティブは、多くの人の目を引いたことでしょう。

「生理のある”女性”へ」から、「生理のある”人”へ」

2015年冬、シンクスはさらに大きな話題をさらいます。
注目した点は、「生理があるのは、女性だけではない」ということ。つまり、トランスジェンダーの男性です。
男性トイレには使用後の生理用品を捨てるゴミ箱がないこと。ナプキンを使うたびに自分の中の男らしさが削がれていくこと。彼らはトランスジェンダーならではの問題を抱えています。

そこでシンクスは、ボクサーショーツタイプのショーツを発売。その広告には、実際にトランスジェンダーである男性モデル、Sawyer DeVuyst を起用しました。広告のコピーも「生理のある”女性”へ」から、「生理のある”人”へ」とリライト。男性が生理用ショーツをはいている、という印象的なイメージは、トランスジェンダーならではの悩みを解決するとして、女性だけでなく男性からも支持されるブランドとなったのです。

なぜナプキンが要らないの?シンクスの仕組み

シンクスのショーツにナプキンが要らないのは、そのショーツ自体がナプキンの役割を果たしてくれるから。布ナプキンがショーツと一体になった、というとイメージがわきやすいでしょうか。

ショーツのクロッチ部分が4層になっており、抗菌、吸湿発散、吸収、防水(漏れ防止)の機能を備えているのです。この特許取得済みの技術は、開発に3年以上もかかったそうです。
クロッチ部分といってもお尻のかなりの部分までカバーしてくれているので、かなり安心感があります。

シンクスの商品ラインナップ

経血量や目的に応じて生理用品に様々な種類ががあるように、シンクスのショーツも豊富なラインナップが揃っています。2017年8月からはオーガニックコットンタイプも登場し、ますます選びやすくなりました。

▼オリジナルナイロンタイプ:6種

(左から)1.ヒップハンガー/2.ハイウエスト
(左から)1.ヒップハンガー/2.ハイウエスト

(写真左)【多い日用・タンポン2本分】ヒップハンガー¥6,700

(写真右)【多い日用・タンポン2本分】ハイウエスト¥7,300

3.【多い日用・タンポン2本分】ボーイズショート(ボクサーパンツ型)

4.【ふつうの日用(タンポン1.5本分)】スポーツ ¥6,500

※アウターにひびきづらいタイプ。ソングタイプよりも面積が広く、安定感があるのが特徴。
※アウターにひびきづらいタイプ。ソングタイプよりも面積が広く、安定感があるのが特徴。

5.【軽い日用(タンポン1本分)】チーキー¥6,300

6.【軽い日用・タンポン0.5本分】ソング¥5,500

▼NEW!オーガニックコットンタイプ:3種(2017年8月発売)

1.【多い日用・タンポン2本分】ブリーフ¥6,500

2.【ふつうの日用・タンポン1.5本分】ビキニ¥6,500

3.【軽い日用・タンポン0.5本分】ソング¥5,500

THINX(シンクス)製品一覧

豊富なサイズ展開!自分にあったサイズの選び方は?

シンクスのショーツは、XXS~3Lと、豊富な8サイズ展開。商品の特性上、ピッタリサイズを選びたいですよね。シンクスは、ウエストとヒップのサイズから選ぶことができます。

伸縮性は十分にあるので、ワンサイズ小さいものでも十分に履ける印象です。

お手入れもシンプル!シンクスの洗い方

洗濯の方法は、基本的に布ナプキンと同じ。まずは手洗いをして、その後は洗濯機に入れてもOKです。脱水後は乾燥機にはかけず、干して乾かしてくださいね。
・洗濯機で洗う場合は冷水で!
・漂白剤、柔軟剤は使用不可です。

筆者は手洗いのみですが、手での脱水では完全に乾くまでかなり時間がかかってしまいます。手洗い派の方でも、脱水だけは機械におまかせするのがおススメです。

本当にナプキンはいらない?実際に使ってみた感想

筆者が実際に使ったのは、肌触りが心地よいオーガニックコットンのブリーフタイプ。
筆者が実際に使ったのは、肌触りが心地よいオーガニックコットンのブリーフタイプ。

実際にシンクスを使ってみたところ、結論から言うと「完全にナプキンが要らない」というのは無理がありそうです。ただ、筆者にとっては既に手放せないアイテム!これ、本当におすすめです。ナプキンやタンポンの使用量は確実に減り、生理中でも快適に過ごせるようになりました。

重い日用のショーツであっても、吸収してくれる量はタンポン2本分なので、多い日にシンクス1枚だけで過ごすには少し無理があります。しかしながら多い日は、ナプキンやタンポンと併用すると、バックアップとしてとても心強いパートナーとなってくれるのです。

▼素晴らしい点!
・多い日の夜は、ナプキンと併用してバックアップに。旅行先など外泊時でも安心!
・経血量が減るとともに気になるムレ、摩擦がない。
・ナプキン特有のズレを気にしなくてよい。ジムなど、体を動かすときには特に実感!
・旅行時の荷物が減る!(生理じゃないときでも普通のショーツとして履ける)

▼気になる点
・経血量が多いときは、クロッチの縫い目のところから染みて漏れてしまう場合がある
・濡れた感覚がやや残ってしまう

ムレや摩擦がなく、ゴミも減らせる。さらに、ナプキンがずれるといった不快感もない。
布ナプキンを使うよりも洗濯物が減りますし、シンクスは防水層があるので染み出してしまう心配がなく、個人的には布ナプキンよりも使いやすいのでは?と感じました。


また、デメリットではないにしても、他に気になった点を。
オーガニックコットンタイプはショーツが結構厚めなので、ソングタイプ以外の場合はピッタリしたパンツやスカートを避けたほうがよさそうです。
また洗濯して乾くまで、普通のショーツよりもかなり時間がかかります。丸1日~2日ほどかかるので、洗い替えとして2~3枚は確保することをおすすめします。

シンクス(THINX)のショーツ、こんなシーン&人におすすめ!

・就寝時など、長時間ナプキンを変えることができないときのバックアップとして
・長期旅行で、荷物を増やしたくないときに
・ジムやヨガで体をしっかり動かすときに
・布ナプキンでは、ナプキンのズレやラインが気になる方に

商品の機能や広告だけじゃない。シンクス(THINX)が選ばれている理由とは

実は、ナプキン不要のショーツを発売しているのは、アメリカではシンクスだけではありません。そしてもちろん、シンクスの商品に対してポジティブなレビューばかりではないのも事実です。しかしながらシンクスが多くの人から選ばれて人気を博しているのは、センセーショナルな広告だけでなく、シンクスが行っている社会貢献活動にもあります。
活動に共感し、賛同したいと考えて、使い続ける人が多いのです。

1)サスティナブルな布ナプキンを、アフリカの女性へ
シンクスはAFRIpadsとパートナーシップを結び、生理に関する深刻な問題を抱えた国の女性へ、再利用可能な布ナプキンを届ける活動をAFRIpadsを通じて行っています。
例えばアフリカの女性たちは以下のような問題を抱えていることをご存知でしょうか。
・古いマットレスや衣服の切れ端など、非衛生的な代替生理用品しかない
・女子学生の10人に1人は、生理により学校に通うことができない

2)女性のために、THINX財団を設立
また上記にとどまらず、女性の教育、コミュニティ、そして健康を守るために、THINX財団を設立。以下を3点をビジョンとして捧げ、活動をしています。
・女性に教育と力を与えます
・月経、そして女性の身体についての羞恥を取り払います
・再利用可能な製品をコミットすることで、カーボンフットプリント(温室効果ガス排出量)を削減します

「購入する」というアクションで、あなたも社会貢献に参加することができます。製品だけでなく、ブランドの考え方や活動にも目を向けてみてはいかがでしょうか。

毎月訪れる生理を、いつもと変わらずに過ごさせてくれるシンクス。女性に生まれたからこそ、もっと楽しめる人生でありたいですね!お気に入りの下着を買う感覚で、まずは1枚からスタートしてみませんか?

この記事の関連商品

ナプキンのいらない生理用ショーツ ハイウエスト(

XS/S/M/L/XL/XXL/3XL
¥ 7,300
THINX
カートに追加

ナプキンのいらない生理用ショーツ ボーイショーツ

XS/S/M/L/XL/XXL/3XL
¥ 7,200
THINX
カートに追加

【全2色 】ナプキンのいらない生理用ショーツ チ

XS/S/M/L/XL/XXL/3XL
¥ 6,300
THINX
カートに追加

【全2色 】ナプキンのいらない生理用ショーツ ソ

XS/S/M/L/XL/XXL/3XL
¥ 5,500
THINX
カートに追加

【全2色】ナプキンのいらない生理用ショーツ オー

XXS/XS/S/M/L/XL/XXL/3XL
¥ 6,500
THINX
カートに追加

【全2色】ナプキンのいらない生理用ショーツ オー

XXS/XS/S/M/L/XL/XXL/3XL
¥ 6,500
THINX
カートに追加

【全2色】ナプキンのいらない生理用ショーツ オー

XS/S/M/L/XL/XXL/3XL
¥ 5,500
THINX
カートに追加

この記事の関連ブランド

この記事の関連タグ

この記事の関連商品

この記事の関連ブランド

この記事の関連タグ

新着記事

ランキング

カテゴリ別 新着記事