只今、33,321 アイテム!

世界のオーガニック認証、その種類や特徴は?

ナチュラカートの商品情報でよく見る「オーガニック認証」。USDA、BDIH、NASAAなど色々な種類があるけれど、どんな種類や特徴があるの…?そんな質問にお答えします!

「オーガニック認証」とは?

「オーガニック認証」は、第三者である認定機関がその製品の品質・原料を認めている証です。

その基準は、認証の種類によって様々。製品の原料はもちろん、中には生産ラインや容器まで細かく指定されている厳しいものも。そのため、取得には時間もお金もかかると言われています。

なお日本には「オーガニックコスメ」に対する明確な基準がなく、一滴、ひとさじでもオーガニック原料が含まれていれば、「オーガニック製品」と謳うことができてしまうのが現状です。

オーガニック認証のアイテムを選ぶメリットとは?

オーガニック認証マークが付いていることで、購入者には主に以下のようなメリットがあります。

・第三者がチェックしているので安心感がある
・原料だけでなく、製品ができるまで透明性がある
・明確な基準で選べるので、認証のルールを知っていると製品選びが容易

保存料や人工着色料など、避けたい成分がある方には安心ですよね。
それでは、世界の主なオーガニック認証と、それを取得している代表的なブランドをご紹介いたします。

NATRUE(ネイトゥルー)認証

2007年に設立された、ベルギー・ブリュッセルにある国際的な非営利団体。ヨーロッパの自然化粧品市場において大きな役割を果たし、約130ブランド、3000の製品が認証を取得しています。

オーガニック成分を含むナチュラルコスメではオーガニック原料が70%以上、オーガニックコスメは95%と定められています。

NATRUE(ネイトゥルー)認証を取得しているブランド:

ドクターハウシュカ(Dr.Hauschka)

ヴェレダ(WELEDA)

BDIH(ドイツ化粧品医薬品商工連盟)認証

2000年にドイツで発足した医薬品・化粧品商工業企業連盟。
消費者に、どの製品が「ナチュラルコスメ」なのかを分かりやすく、そして正確に伝えることを目的に設立された、世界で初めて自然化粧品の認定ガイドラインです。
可能な限り有機栽培の植物、農薬の影響を受けない植物からの原料を使用するなどの基準を設けています。

BDIH認証を取得しているブランド:

ドクターハウシュカ(Dr.Hauschka)

ロゴナ(LOGONA)

USDA(米国農務省)オーガニック認証

米国農務省に属する認証機関。このオーガニック認証マークは、95%以上がオーガニック原料である製品にしか使うことができません。

取得には栽培地で3年以上農薬を使用していないことやオーガニック栽培計画書などの証明資料とオーガニック製品を提出し、政府の承認を得た検査官による現地査察が必要です。

USDAオーガニック認証を取得しているブランド:

アキュアオーガニック(AcureOrganics)

トレーダー・ジョーズ(Trader Joe’s) ※一部製品

NASAAオーガニック認証

1986年に設立された、オーストラリアの最も大きなオーガニック認証機関。最も厳しい基準を設ける認証機関のひとつとしても認識されています。

この認証を所得するためには、原料が作られる土壌から、処方、製造、完成品に至るまで、すべての生産工程のチェックを受ける必要があります。NASAAの認証を取得することは、次世代のための環境保護に取り組んでいることの証明にもなります。

NASAAオーガニック認証を取得しているブランド:

リスパークル(reSparkle)

ズイ オーガニック(Zuii ORGANIC)

ACO(オーストラリアオーガニック)認証

2002年に発足したオーストラリアのオーガニック認定機関。

95%以上が認定されたオーガニック原料であり、さらに残りの5%についても基準に準拠した天然由来成分であること、と厳しい基準を設けています。オーガニック認証機関の中でも厳しいものの一つとして知られています。

バネッサミーガン(VANESSA MEGAN)

ヘルシーエッセンシャルズ(Healthy Essentials)

認証の取得は製品へのこだわり。特徴を知って上手に選ぼう!

ご紹介したように、オーガニック認証は種類も基準も様々。ぜひ、参考にしてみてください。

しかしながら、オーガニック認証を取得していないからといって、その製品の品質が劣るわけではありません。認証には取得に時間もお金もかかるため、それよりも製品づくりそのものに資金をかけたいと考えるブランドもたくさんあります。

認証マークだけでなく、ブランドのこだわりやストーリーを知ることで、あなたによりマッチした製品を選んでくださいね。

   作成日:2018/04/25(水)